Chrome最新版でAmazon Prime Videoが見られない時の対処法

最新のGoogleChromeでAmazon Prime Videoを視聴しようとしたところ、

こんなエラーが出てきました。

はじめはHDCPエラーかと思ったのだが(Dsubを使っているため)、HDCPエラーは別に存在しているため、原因を調べた。

すると、SSLの証明書周りの問題であることが判明。

というのも、以前不正な証明書を発行していたシマンテック社の証明書がGoogle Chromeでは無効になっているからだそう。

問題のドメインはhttps://atv-ps-fe.amazon.co.jp/ っぽいので、一旦ここにアクセスしてこのドメインを許可してやる必要がある。

リンク先へアクセスするとこんな警告画面が出るので、「atv-ps-fe.amazon.co.jp にアクセスする(安全ではありません)」をクリックしてやれば、このドメインは恒久的に許可される。この操作をすることで、アドレスバーが赤色に変わるが動画自体は再生される。

この証明書の有効期限は今年の末までなので、それ以降信頼できる業者のものに切り替わってくれることを祈るばかりである。

というかAmazonは自社で証明書を発行できるはずなのになぜわざわざシマンテック社の物を使ったのだろうか。