Optane Memory インストールのためにWindows 10の回復パーティションを縮小する方法

Windows 10を推奨パーティション設定でインストールすると、ディスクの一番後ろに回復パーティションが作成されます。

そしてOptane Memoryをセットアップしようとすると「サポートされていないシステムドライブの最後のパーティション」と怒られてしまうわけです。

そもそも何故怒られるかというと、Optane Memoryのセットアップにはドライブの後端に20MB以上の領域が必要だからだそうです。
それならば最後のパーティションを縮小して20MB空けてやればいいと思うのですが、回復パーティションは縮小ができないようになっています。

そのため、一度通常のパーティションに戻してから縮小し、再度回復パーティションに設定しなおす必要があります。

以下にコマンドを示すのでdiskpartでこの通りに入力するか、テキストファイルに保存して、”diskpart /s [ファイル名]”といった形で実行すれば後端に20MB空いた形にする事ができます。

rem 回復パーティション縮小
sel dis 0
sel par 4
set id="ebd0a0a2-b9e5-4433-87c0-68b6b72699c7"
gpt attributes=0x0000000000000000
shrink DESIRED=20
create partition primary
sel par 4
set id="de94bba4-06d1-4d40-a16a-bfd50179d6ac"
gpt attributes=0x8000000000000001
list volume
exit

これで通常通りOptane Memoryのセットアップが行えるようになりました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。